読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがり症改善ブログ 

あがり症改善に役立つ多彩なあがり改善法を紹介するブログ。豊田早苗監修あがり症改善プログラムはここにあります。


中島みゆき・▲被リンクブイプリカバーンマシン

f:id:q-Smith:20160320114654j:plain

【必見】自己評価を上げることで"あがり症が改善"する秘密

 Subscribe in a reader

f:id:q-Smith:20160525230936j:plain

回は、あがり症を改善するために
必要な考え方+αについてお伝えします。
 
あなたが、あなた自身の人生と向き合える内容に
仕上げるために最善をつくしているので、ぜひご覧ください!

あなたの人生を振り返ってみよう!

f:id:q-Smith:20160525231917j:plain

こで書く内容は必ずしも、
全員に100%当てはまる訳ではありませんが
あがり症の方にありがちな例を出します。
 
あなたは今まで生きてきた人生の岐路において、
こんなことありませんでしたか?
 
なんとなく高校を選んで、
なんとなく大学に進学して、
部活を選ぶ感覚で会社を選んで就職した。
 
れはあくまで一例ですが、
 
まわりの人の空気に流されて人生なんとなく上手くいった。
 
さらになんとなく生きてきたことで、
人に誇れることがなに一つない。
 
このような経験したことありますか?
 
もしも答えがYESなら、このまま読み進めてください。
 
んな経験をしたことがあるあなたは、
非常に自己評価が低い状態な可能性が高いです。
 
その自己評価の低さが、
あがり症を引き起こしてる原因かもしれません。
その原因を取り除くことができたなら
 
あなたのあがり症は改善されます。
 

自己評価を上げるためにはどうすればいいのか?

f:id:q-Smith:20160525232255j:plain

に書いた通り今回のケースでは、
自己評価を上げることであがり症は改善するのです。
では自己評価を上げるためには、
 
なにをすればいいのかをこの章でお伝えします!
 
がり症を引き起こしている原因を一度整理します。 
  • だいたい人と同じ選択をしてきてなんとなく生きてきた
  • 自分自身に誇れるものがない・努力してこなかった
 
れらの原因を取り除いて
自己評価を飛躍的に上げるために必要なことは、
 
「なにかを自分で決めて実行する」です。
 
ここで重要なのは自分で決めて最後までやり通すことです。
わかりづらいので例を出します。
 
がり症のAさんは海外に行ったことがない英語が苦手な大学生です。
 
そんなAさんが留学する決断を
自分で決めて無事実行する実績ができました。
 
その結果Aさんはあがり症改善につながりました。
 
はあなたが考えもしないようなことを、
自分で決めてやり遂げることによって実績になり、
 
あがり症を改善できるのです。
 
つぎの章では、
なぜ自分で決めてやり遂げることで
 
あがり症が改善されるのかについて書いていきます。
 

なぜ自己評価を上げると、あがり症が改善されるのか?詳しいメカニズムとは?

f:id:q-Smith:20160525232313j:plain

ず第一段階は自己評価を上げると、
自分に自信が持てるようになります。
 
これは芸人のNON STYLE井上を見ればよくわかります。
 
周りから気持ち悪いと言われても
自己評価が高く自信を持っているためノーダメージです。
 
に自分に自信を持てるようになると、
人との接する態度が変わります。
 
自信が持てると「どうせ自分なんか…」みたいな発想が消えます。
 
なぜ消えるのかというと、
自己評価を上げる段階でしたなにかしらの
実績を作ったことによって、
 
自信が持てるからネガティブな発想がなくなり
自然体で人と接することができるのです。
 
後に、人との接する態度が変わると、
 
あがり症が改善されます。
 
人と接する態度が変わると「あがる」症状がなくなります。
あがり症はそもそも他人からの評価を気にしすぎて起こるので、
 
人と自然体で接することができる結果あがらなくなります。
 
って、自己評価を上げるとあがり症が改善されるという結論に至るのです。
  

f:id:q-Smith:20160404223456j:plain

 

 

あがり症を改善したくない人は無視してください....

 

  

→豊田早苗式あがり症改善プログラムの詳細を確認する!

 

合わせて読みたい! 

agari-kaizen-net.hatenablog.com

agari-kaizen-net.hatenablog.com

agari-kaizen-net.hatenablog.com

 

ありがとうございました!

この記事が良かったと思ったらぜひ共有してください!