読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがり症改善ブログ 

あがり症改善に役立つ多彩なあがり改善法を紹介するブログ。豊田早苗監修あがり症改善プログラムはここにあります。


中島みゆき・▲被リンクブイプリカバーンマシン

f:id:q-Smith:20160320114654j:plain

リフレーミングの具体例を知って、あがり症改善を促進しよう!

リフレーミングは起こった事象をどう捉えるかで、 モチベーションとか感情とかを自由にコントロールできる手法です。 リフレーミングの具体例として前の記事では、 コップの水を題材にお伝えしたのですがもっとわかりやすい具体例や あがり症改善にどう役立…

自意識過剰を治して、あがり症を自然に改善する方法

あがり症や緊張の原因のベースは自意識過剰の場合があります。 その場合はそこを取り除けばあがり症が改善します。 なので今回はそこらへんのお話をお伝えします。

個性的な変人になりたい!誰でも個性的になれるたった1つ方法

個性的な人になりたいとあなたは思いますか? あなたが個性的な変人になるためには? なぜ個性的な変人はあがり症になりにくいのか? 今回は個性的な人に焦点を当てて記事を書いていきます。

嫌われ体質の嫌われ者が、人気者よりも10倍も成功しやすい理由

あなたは人に嫌われたいですか? おそらく大半の人はNOと答えるでしょう。 でも人に好かれている人気者よりも、 はるかに嫌われ者の方が様々な面で成功する可能性を 秘めているのもまた事実なのです。 今回はその辺のお話を掘り下げてお伝えします。

なぜ集中力を高めることであがり症改善につながるのか?

集中力を高めるスキルはあがり症改善以外にも 様々な場面で使えます。 なので今回は集中力を高める方法の中で一番簡単に実践できて あがり症改善や緊張緩和に効果的な方法。 そもそもなぜ集中力を高めるとあがりに効くのか? その辺のお話をお伝えします!

なぜ手のひらに人という字を書いて飲むと緊張がほぐれるのか?

子供のころ緊張していたら友達や大人から 「手のひらに人という字を3回書いて飲むと緊張がほぐれるよ!」 と言われた経験が私はあります。 そのときはなにも考えずに 緊張しないおまじないだと思って人という字を飲んでいました。 でもなんで 手のひらに人の…

自分に自信がないあなたへ、自信を持つための取り扱い説明書。

あなたは自信を持って行動することができますか? 今回取り上げるテーマは「自信」です。 自信を持って行動できる人ってあまり多くはありません。 では現段階で自信がない人が、 少数派の自信を持って行動できる人の部類に入るために なにをやればいいのか?…

【簡単】今すぐ使える!プレゼンで確実に結果を残せる2つのあがり症改善法とは?

大勢の人の前でスピーチやプレゼンする時に、 あがってしまって上手く話せなくなった経験がありますか? なぜそのようなことになるのか? やそれを踏まえて人前でスピーチやプレゼンする時に即使える、 あがらないで喋るためのテクニックなどをお伝えします!

過去よりも未来に目を向けてあがり症を改善しよう!

今回の記事のテーマは、 過去よりも未来に目を向けてあがり症を改善しよう!です。 大人になればなるほど、 あがり症になる率が上がるって知っていましたか? あなたの過去の失敗は 実は失敗ではない可能性があることを知っていましたか? もし知らないのな…

【対策】あがり症は極論、開き直りだけで改善する?

これまで様々なあがり症改善に関する情報をお届けしてきましたが、 今回は開き直ることであがり症改善の 第一歩につながる今までとは全く違う焦点から スポットを当ててお伝えしたいと思います!

あがり症改善ブログを作った理由

こんにちは。今回の記事では、 なぜ私があがり症改善ブログを作ったのかを一度明確しておきます。 いわゆるこのブログに対する私の理念を書いていこうと思います。

組織は自然に"2:6:2の法則"が働く?262の法則をピーターパンから学ぶ!

あなたは、"2:6:2の法則"を知っていますか? この2:6:2の法則を知っていると、 あなたが人間関係を構築する時に苦労する量が軽減されたり、 意見を言う時に自信がつきます。 あがり症改善にも役立つ!今回はそんな2:6:2の法則を紹介していきます。

コミュニケーション能力が向上するための3つの重要なコツ

今回はコミュニケーション能力を向上させるためにこれは知っといたほうがいいよ!というような基本だけど言われないと気づかない重要なこと3つについてお伝えしていきます!

リフレーミングの考え方を使うことがあがり症改善への近道?

前回の記事で、完璧主義は"あがり症"が悪化させる可能性がある考え方であることをお伝えしました。 今回は、"リフレーミング"の考え方を利用して"あがり症"を改善する方法をお教えいたします!

あなたはあがり症改善に対して間違った考え方をしていませんか?

今日から、あなたの"あがり症"を改善させるような情報をたくさん発信していきます! 記念すべき最初の記事は、『あなたはあがり症改善に対して間違った考え方をしていませんか?』です。