読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがり症改善ブログ 

あがり症改善に役立つ多彩なあがり改善法を紹介するブログ。豊田早苗監修あがり症改善プログラムはここにあります。


中島みゆき・▲被リンクブイプリカバーンマシン

f:id:q-Smith:20160320114654j:plain

【対策】あがり症は極論、開き直りだけで改善する?

 Subscribe in a reader

f:id:q-Smith:20160604204810j:plain

れまで様々なあがり症改善に関する情報をお届けしてきましたが、
 
今回は開き直ることであがり症改善の
第一歩につながる今までとは全く違う焦点から
 

あがり症のあなたが、今すぐにできるあがり症対策

f:id:q-Smith:20160604205411j:plain

社のプレゼンや初対面の人と喋るときに、
使えるあがり症対策を紹介します。
 
今回のテーマそのままなのですが、
あがり症であることを認めて開き直ることです。
 
ぜあがり症であることを認めて開き直ることが
 
あがり症対策につながるのかは次の章でお伝えします。
 

開き直ることがあがり症対策につながるわけ

f:id:q-Smith:20160604205208j:plain

がり症の方はなにか緊張する場面になると、
緊張しないようにあがり症であることを忘れようとする傾向にあります。
 
しかしあがり症であることを忘れたい気持ちとは裏腹に、
 
なぜか異常に緊張してしまい上手く成果が発揮できないことがあります。
 
れはあがり症なのに、
あがり症ではない振る舞いをしようとした結果です。
 
そこで全く逆のアプローチから行動すれば、
 
成果も発揮できて自己評価も上がるのです。
 
つまりあがり症であることを認めて開き直ることで、
あがり症対策になるのです。
 

開き直ることで見えてくる他の世界

f:id:q-Smith:20160604205217j:plain

がり症を忘れようと思っている時には、
自分のことしか頭に無い状態になっています。
このような状態では自分が伝えたいことを人に伝えるのは困難です。
 
してあがり症だと開き直っていると、
自分の世界と他の人の世界が自然と見えてくるようになります。
 
要は自分を第三者の視点から客観視することができるようになるのです。
 
この状態は非常に良好な状態で、
自分が伝えたいことを相手にちゃんと伝わるようになります。
 

f:id:q-Smith:20160404223456j:plain

 

 

あがり症を改善したくない人は無視してください....

 

  

→豊田早苗式あがり症改善プログラムの詳細を確認する!

 

合わせて読みたい!  

agari-kaizen-net.hatenablog.com

agari-kaizen-net.hatenablog.com

agari-kaizen-net.hatenablog.com

 

ありがとうございました!

この記事が良かったと思ったらぜひ共有してください!