読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがり症改善ブログ 

あがり症改善に役立つ多彩なあがり改善法を紹介するブログ。豊田早苗監修あがり症改善プログラムはここにあります。


中島みゆき・▲被リンクブイプリカバーンマシン

f:id:q-Smith:20160320114654j:plain

コミュ障とあがり症!たった1つの最大の違いとは?【改善】

 Subscribe in a reader

f:id:q-Smith:20160414170539j:plain

ミュ症。最近よく耳にします。ですが、その特徴や具体的にどういうのがコミュ症なのかはあまり認知されてないような気がします。なので今回はコミュ症の特徴やあがり症との違いはなんなのか?をテーマにお届けします!

軽いノリで使われる"コミュ症"というワード

f:id:q-Smith:20160414171157j:plain

本的なことですが、コミュ症というワードは略語で、”コミュニケーション障害”の略です。このコミュ障は、軽いノリで使われることが多い単語です。
 
えば、ショップ店員さんとの注文のやりとりや電話するのが苦手で友達に「コミュ障だからさぁ…」的な感じで使ったりで使ったこと1度はあるはずです。近年、広義の意味で使われる“コミュ障”ですが、コミュ障本来の意味合いと特徴とはなんなのでしょうか?
 

コミュ症本来の意味合い

f:id:q-Smith:20160414171352j:plain

と話すのが苦手とか初対面の人と軽い雑談するのにすごいパワーを使うetc…が一般的に言われる軽いノリで使われるコミュ障です。
 
れに加えて本来のコミュ障の意味合いには、最初に人に話しかけることが苦手であったり、質問されたことに答えを考えすぎて回答できなかったりする意味が加えられます。つまり、考え過ぎてしまってなにも言葉が出てこないというのがコミュ症本来の姿なのです。
 

コミュ障とあがり症の違いとは?

f:id:q-Smith:20160414171504j:plain

ミュ症とあがり症の大きな違いは緊張するかしないか。これに尽きます。緊張というのは身体症状のことを指し、主に手に汗をかいたり手足が震えたりといった状態のことです。
 
れがあるとあがり症で、ないとコミュ症という住み分けになるわけです。非常に微妙な差で定義上は名称が変わってしまうのです。
 
いはありますがどちらも自発的に改善しようと思わなければ自然と改善するなんてことはありません。なので改善する意識を持って自分にあった改善法を試していくことがすごく大切です!
 

f:id:q-Smith:20160404223456j:plain

 

 

あがり症を改善したくない人は無視してください....

 

  

→豊田早苗式あがり症改善プログラムの詳細を確認する!

 

合わせて読みたい! 

ありがとうございました!

この記事が良かったと思ったらぜひ共有してください!