読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがり症改善ブログ 

あがり症改善に役立つ多彩なあがり改善法を紹介するブログ。豊田早苗監修あがり症改善プログラムはここにあります。


中島みゆき・▲被リンクブイプリカバーンマシン

f:id:q-Smith:20160320114654j:plain

コミュニケーション能力が向上するための3つの重要なコツ

 Subscribe in a reader

f:id:q-Smith:20160430205425j:plain

回はコミュニケーション能力を向上させるためにこれは知っといたほうがいいよ!というような基本だけど言われないと気づかない重要なこと3つについてお伝えしていきます!

  

相手の領域に踏み込まないで意見を言う重層性

f:id:q-Smith:20160430204238j:plain

分しか知りえないことを相手が勝手にこうだと"決めつけられたら嫌"ですよね。これは相手が完全に自分の領域に踏み込まれている状態です。では、どうすれば自分の領域の中だけでコミュニケーションを進行するのでしょうか。今回は1番簡単かつ効果的な方法をお伝えします。
 
見する時最初に「私は、」と定義することが重要です。これをする事によって、自分の領域内で止めることができ、相手の領域にズカズカ踏み込むなんてことはありません。なので、意見を言う時は「私は、」とつけることで、相手に不快感を与えない会話ができます。
 

癖をカミングアウトする重要性

f:id:q-Smith:20160430204248j:plain

ミュニケーションにおいて何かしらの癖(話が長くなる・噛んでしまう・声が小さいetc..)がある場合、その癖が有ることを先に相手にカミングアウトしてしまえば、相手がその癖を理解した状態から会話が始まります。
 
の結果、自分にも相手にも変な気を使わないでコミュニケーションを円滑に進行することが可能になります。
 

コミュニケーションにおいて重要なこと

f:id:q-Smith:20160430204258j:plain

ミュニケーションは相手と自分がいて初めて成立します。このあたりまえのことを知りながら、多くの人は「自分が上手に話をできるか」に重点をおいてコミュニケーションを進行させます。しかし、コミュニケーションにおいて大切な事は相手に自分の考えている事を伝えることが重要なのであって、自分が上手に話すことはそこまで重要ではありません。
 
すから、「自分が上手に話をできるか」ではなくて「相手にしっかりと伝える」ことに重点をおいてコミュニケーションを進行させましょう!
 

f:id:q-Smith:20160404223456j:plain

 

 

あがり症を改善したくない人は無視してください....

 

  

→豊田早苗式あがり症改善プログラムの詳細を確認する!

 

合わせて読みたい! 

agari-kaizen-net.hatenablog.com

agari-kaizen-net.hatenablog.com

agari-kaizen-net.hatenablog.com

 

ありがとうございました!

この記事が良かったと思ったらぜひ共有してください!