読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがり症改善ブログ 

あがり症改善に役立つ多彩なあがり改善法を紹介するブログ。豊田早苗監修あがり症改善プログラムはここにあります。


中島みゆき・▲被リンクブイプリカバーンマシン

f:id:q-Smith:20160320114654j:plain

睡眠時間を4時間半に短くする超簡単な方法とは?

 Subscribe in a reader

f:id:q-Smith:20160917174037j:plain

の世界には3種類の人間がいます。
 
  1. ショートスリーパー
  2. ロングスリーパー
  3. バリュアブルスリーパー
 
日本人の8割はバリュアブルスリーパーなので、
この記事はあなたにとって非常に価値がある内容です。
 
なので今回は睡眠時間を4時間半に短くする方法とかのお話をお伝えします。
 
 

3種類のスリーパーとは?

f:id:q-Smith:20160917172922j:plain

事冒頭でも3種類の人間がいると言いました。
その3タイプに分けた人をもう少し詳しく説明します。
 
ショートスリーパーは1日24時間の内、
6時間未満の時間しか睡眠に費やさない人のことです。
 
9時間以上も睡眠に対して時間を使う人。
 
バリュアブルスリーパーは
どちらの条件も満たさない
6〜9時間を睡眠に使う人です。
 
 
ングとショートの人は日本に約2割いて、
8割はバリュアブルが占めています。
 
この3タイプのから自分のタイプを
確認する時に注意しておきたいことは、
 
振り返った時にここ最近3ヶ月くらいの
睡眠時間の平均を
当てはめて考えた方が
より正確なタイプを知ることができます。
 
iPhoneの方はios10から時計のアプリに新しく
ベッドタイムという機能が追加されたので、
そういう機能を使ってデータを収集するのも1つの手です。
 

レム睡眠とノンレム睡眠

f:id:q-Smith:20160917173413j:plain

が寝ている時その睡眠を、
レム睡眠とノンレム睡眠に分類することができます。
 
浅い眠りの時をレム睡眠、
逆に深い眠りの時をノンレム睡眠と呼びます。
 
  • この2種類の睡眠はなんのためのあるのか?
  • 回復するために睡眠があるならわざわざ2種類に分ける必要あるの?
 
という疑問が聞こえてきそうなので解説します。
 

なぜ2種類の睡眠があるのか?

ずレム睡眠は主に体を回復する時間に使われて、
その間に脳では1日の情報を整理する時間に使われます。
 
逆にノンレム睡眠は主に脳を回復する時間に使われていて、
その間に体では成長ホルモンを分泌する時間に使われます。
 
 
し分かりずらい人は脳基準で考えてみてください。
 
体も脳も睡眠によって休息をとります。
しかし脳は寝ている間のどこかのタイミングで、
1日の情報を整理しないといけません。
 
そうしないと記憶が定着しませんからね。
 
そうなると睡眠中に体は休息だけで十分なのに対し、
脳は休息と情報の整理の2つもやらないといけないわけです。
 
すると脳が休息をとるノンレム睡眠と、
体が休息をとっている間に
脳は情報を整理するレム睡眠の2種類が生まれるのです。
 
 
して脳の整理をしているレム睡眠時に夢を見ます。
 
それは睡眠が浅くなっているので、
より起きている状態近くなり記憶が鮮明になりやすいからです。
 

なぜ睡眠時間を短くする時に推奨するのが4時間半なのか?

f:id:q-Smith:20160917172913j:plain

ぜレム睡眠とノンレム睡眠のお話をしたのかと言うと、
 
睡眠時間を短くするために必要な前提知識なのですが
大事な補足をさせてください。
 
浅い眠りのレム睡眠・深い眠りのノンレム睡眠は交互に行われていて、
その周期がレム90分・ノンレム90分で
両方の時間を合わせると180分で1サイクルが終了します。
 
つまり1.5時間・3時間・4.5時間・6時間のように
 
サイクルの終わるタイミングと同時に目覚めるのが
スッキリ起きられる秘訣なのです。
 
はなぜ今回のテーマは3時間とか1.5時間ではなく、
 
4時間半なのでしょう?
 
それは最初の2回のノンレム睡眠で成長ホルモンをガッリリ分泌させ、
残りの1回で分泌させた成長ホルモンを使って体を回復するからです。
 
それ以降はだんだんとノンレム睡眠の時間が短くなるだけなので、
睡眠を短縮させて目覚めをスッキリさせるという点に
特化するのであれば4時間半が最適なのです。
 

睡眠時間を4時間半に短くする方法

f:id:q-Smith:20160917172856j:plain

リュアブルスリーパーのあなたが
睡眠時間を劇的に短縮して、
 
あなたが1日24時間のうち使える時間を増やす方法をお伝えします。
 
睡眠時間を短くする方法といって、
いきなり睡眠時間を4時間半にしてくださいと言われても
おそらく3日くらいが限界ですぐ元に戻ってしまうでしょう。
 
 
れは睡眠に限らず様々なところで見られる現象です。
 
子供が今日から勉強毎日5時間やると意気込んでも
実際始めてみると3日も続かないとか、
 
ダイエットするためにこの食材を毎日食べようって思っても
同じ味が飽きてきて挫折してしまったり。
 
 
から急にこうしようって思わないで
少しずつ少しずつ4時間半睡眠が
あなたにとってあたりまえになるように、
 
自分の中に落とし込んでいく方法が
良いと思いますのでそれをお伝えします。
 
徐々に睡眠時間を減らす方法なのですが、
 
その区切りは3週間ごとに今の睡眠時間から30分減らす。
です。基本的にはこれだけなのですが注意点が1つあります。
 
 
れは起きる時間は固定したまま、睡眠時間だけを短くする。
 
つまり寝る時間を3週間おきに
30分遅らせて起きる時間だけは一定にしてください。
 
そうすることで
 
睡眠に対して一定のリズムが作られて続かないことがなくなるので、
確実にあなたが4時間半の睡眠時間に近付けるでしょう。
 
最初の方でも書きましたが、
 
睡眠のアプリを使うと簡単に睡眠時間を管理できるのでおすすめです!
 

f:id:q-Smith:20160404223456j:plain

 

 

あがり症を改善したくない人は無視してください....

 

 

→豊田早苗式あがり症改善プログラムの詳細を確認する!

 

 

合わせて読みたい!    

agari-kaizen-net.hatenablog.com

agari-kaizen-net.hatenablog.com

agari-kaizen-net.hatenablog.com

 

ありがとうございました!

この記事が良かったと思ったらぜひ共有してください!